LOG IN

春雷

____"現れたそれは春の真っ最中 えも言えぬまま輝いていた どんな言葉もどんな手振りも足りやしないみたいだ その日から僕の胸には嵐が 住み着いたまま離れないんだ 人の声を借りた 蒼い眼の落雷だ”________ 米津玄師さんの「春雷」という曲を何度も何度も再生して、いま自分の身に起きていることを理解しようと努めた。彼が一番、いまのこの心情を

仕事を終えて電車に揺られる木曜日の夜8時過ぎ。いつものように車内は混雑しているが、運良く座ることができた。車内は仕事帰りの人々がほとんどで、疲れた顔をしてスマートホンを操作している。黒や紺の上着を着ている人が多く、車内の暗っぽい光景に秋の深まりを感じる。それにしても近頃は、暑くなったり寒くなったり、台風が来たりとまるで夏が終わったば

何度でも、生まれ変わる。

金曜日、相変わらず人通りの多いお昼時の東京駅。金曜日の午後なんて、仕事する気になれない。いってしまえばもう週末じゃないか。そんなことを考えながら約束の場所へ向かい、約半年ぶりに知人とランチをした。「普通のOLになった。」------- あの指摘は自分としても納得感のある、思い当たるものだった。決して嫌な気持ちはしなかったし、むしろうれしかった。

test

Test